お役立ち情報 お役立ち集の記事一覧

武蔵小山を中心に、不動前・西小山・戸越銀座地区の地域の情報を
ま~るくつなげたい

新しいお部屋に入居するにあたって、電気・ガス・水道の契約をしなけらばなりません。
連絡先(品川区・目黒区・大田区)の一覧になります。
でも新生活は「新しくてキレイな部屋で始めたい」と思うもの。
でも新築や築浅物件限定で探したら、予算が・・・
そんな人はリホーム済みのお部屋を探してみたらいかがでしょう。
・部屋が細長いから家具が置きづらく、居心地もよくない。
家具を置いていくと、ホント通路しかなくなっちゃうし、狭いのにトイレまで遠いし、毎日疲れる……。
⇒現地見学のとき、何もない部屋は広く見えるもの。
家具を置いた状態をイメージしながら部屋の広さを確認しよう。
 
・同じ面積なら広く感じるほうがいいと思ってワンルームを選択。
実際に住んでみて、開放感があるのは気に入っているけど、料理をすると、ニオイや煙が部屋中に充満するのがちょっと困る。
服を出しっぱなしにしておくと、ニオイもつきそう。キッチンと居室がドアで仕切られた1Kにすればよかった。
 
・ロフトをベッドスペースにしようと思ったけど、ロフトのはしごがぐら…
テク1 初期費用
「礼金1ヵ月以下」は60%超え! 敷金も礼金もそろってダウン!

ここ最近の賃貸物件は全体的に「初期費用」の相場がダウンしている。新規の入居者にとって敷金や礼金は大きな負担になるが、それを減らすか、あるいはゼロにする大家さんが増えているのだ!
2008年12月時点と比べると、敷金・礼金ともに「ゼロ」または「1カ月」とする物件が増え、逆に、「2カ月」とする物件は10%近くも減った。借りる側にはうれしいトレンドだ。
さらに首都圏では、契約してから一定の期間だけ家賃をタダにする「フリーレント」物件も増えている。入居してからしばらくは家賃タダ」。夢のような条件だ。タダになる期間は物件によって違うが…
目トレンド①
「シェア」で、人とコミュニケーションを楽しむ暮らし方が注目度UP

20代~30代シングルの44.7%が「シェアハウスに関心」
シェアハウスとは、入居者は各自プライベートな居室で生活しつつ、リビング、キッチンやトイレ・バスルームといったスペースや設備をシェアして使う賃貸住宅のこと。
20代~30代のシングル男女206人に行ったアンケートでは、44.7%の人たちが「シェアハウスを経験したことがある」もしくは「経験したことはないが、興味がある」、「(このアンケートをきっかけに)関心を持った」と回答しており、関心度の高さが表れている。
実際に、入居者数も年々増えている

●若い世代の住まい観の変…

め手はやっぱり交通の便。通勤時間が短ければ二人に時間が増える!

新居探しでまず考えるのは、「どこに住むか?」ってこと。アクセスとか買い物のしやすさとか、選ぶポイントはいろいろあるけど、センパイ新婚カップルが一番に重視しているのはズバリ「夫の通勤時間」。
「妻の通勤時間」と答えた人も多く、通勤は毎日のことだけに、みんな大事にしているんだね。
次に多かったのが「周りの環境・暮らしやすさ」。
静かで安全なことはもちろん、お店が多くて買い物がしやすいのも「暮らしやすさ」のポイントだよね。
将来、子どもができたら、保育園や公園がたくさんあることもポイントになりそう。
 自宅が会社から近すぎるのも考えもの。
会社帰り…

アコン、バス・トイレ別、クローゼットは必須条件!
賃貸のお部屋探しにおける条件は人
によってさまざま。

・家賃、沿線・駅、最寄駅からの距離などの基本条件は多くの人が重視しているが、住み心地を左右する設備・仕様については「付いていない部屋は借りない」
「家賃が高くなるならいらない」などと意見が大きく分かれるところ。


そこで、20代、30代の一人暮らしシングル206人に「絶対欲しい」&「なくてもいい」設備・仕様についてアンケート調査を実施してみた。


まず、「付いていて当たり前・付いていない部屋は借りない」と思う設備・仕様を見てみると、
1位「エアコン」(78.6%)
2位「バス・トイレ別」(65.5%)
3位「ク…

「ムリをしない」のがイマドキの20代?

家賃の平均は6万5723円。堅実な暮らしぶり?
 一人暮らしをしている友達の部屋に行ったら、意外とイイ感じで、つい「ここ、いくらかな?」なんて値踏みしてしまう・・・そんな経験ない?
一人暮らしの人にとって、やっぱり気になるのは「家賃」のこと。

首都圏・関西・東海エリアに住む20代の一人暮らしの家賃の平均は6万5723円という結果が出ている。

また、エリア別に見てみると、首都圏の平均家賃が7万414円なのに対し、関西では5万8705円、東海では5万4388円。


首都圏が1万2000円~1万5000円高い傾向にある。これは単純に地価とリンクした数字だ。


ちなみに、家賃の目…

実は今、お得に借りるチャンス?
1~4月に比べ敷金・礼金がダウン
引越しの際、大きな負担となるのが敷金・礼金などの初期費用。何かと物入りになる引越し後の生活を考えると、痛い出費だ。
そんな、初期費用に悩む人に朗報! 実は1月から4月の引越しシーズンに比べ、5月以降は敷金や礼金がダウンしていく傾向にあるのだ。
敷金は、1月には最も多かった「家賃2カ月分」の物件の割合が月を追うごとに減り、反対に「家賃1カ月分」の物件の割合が増え、なんと6月には割合が逆転している。

礼金も同様に、オンシーズンには主流だった「家賃2カ月分」が減り、特に5月から「家賃0カ月~1カ月分」の割合がぐっと増える 。引越す人が減るオフシーズ…